手汗 遺伝

生まれつき遺伝で手汗が酷い場合はもう諦めるしかない?

 

一般の人よりも手のひらから出る汗の量が多いと不安を感じてしまうことも多いでしょう。

 

汗の出る量が異常に多いとどこか体が悪いのではないかと感じてしまうからです。

 

そこで手の汗の量が多くなってしまう手汗症になる原因の一つに遺伝が考えられますが、この場合は治す方法がないのではないかと思ってしまうでしょう。

 

生まれつき遺伝で手の汗が酷い場合は治療をすることを諦めるしかないのでしょうか?

 

 

手汗症は遺伝するの?

 

まず手汗症は親から子に遺伝をするのかということですが、答えはNOです。

 

ただ手汗症が酷い人の中に自分の親も手の汗の量が多い人もいますが、これは遺伝してそのようななったというわけではありません。

 

手に多く汗をかく人の特徴として少しのミスやズレも見逃したくないと思う几帳面で完璧を求める人です。

 

そのため親がそのような性格である場合、子も同じ性格であることが多いので、結果的に親と同じように手汗症になってしまうということになります。

 

そのため間接的な形で遺伝をしているとも言えますが、直接遺伝しているというわけではありません。

 

 

間接的な遺伝による手汗症は治療できます

 

それでは間接的な遺伝によって親と同じ手汗症になってしまった場合、治療することができるのかというと可能です。 なぜならこの症状になってしまう要因を取り除くことができれば治すことが可能だからです。

 

几帳面で完璧でないと気がすまないという性格を完全に変えることは難しいですが、少し遊びの心を入れることである程度の改善を見込むことができます。
そのため治療を諦める必要は全くありません。

 

結論

手汗という体質が遺伝することはありません。
遺伝するのは性格で、親が几帳面な性格の場合はそれが遺伝して手汗につながるようです。