手汗 漢方薬

手汗を止める漢方薬の種類

 

手の汗を止めるために漢方薬を使用すればいいのではと考える人もいるかと思います。

 

漢方薬は中国の医学に基づいた薬のことで、調合する場合、使用する人の体力や体質を考慮することになります。そのため一般の薬と比較してもより効果を期待することができると考えることができます。

 

そこで、手汗を止める漢方というのは実際にあるのでしょうか?
またあるとした場合その漢方薬の名前はなんていうのでしょうか?

 

手汗を止める漢方薬について

手汗を止める効果の期待できる漢方薬はいくつかあります。

 

そのため利用する場合に自分の体質や症状を考慮して最も適したものを選択するといいでしょう。そして手の汗を抑制することができる漢方薬は主に以下のものがあげられます。

 

1 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

防已黄耆湯とは体内の水分の循環量をうまく調節する機能を持つ漢方薬です。そのため体内から出てくる汗の量をうまくコントロールすることができるので手汗を抑える効果があります。

 

2 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)

柴胡桂枝乾姜湯とは体内の熱や炎症を抑えたり、神経の披露を回復させる効果がある漢方薬です。この薬を使用することによって体内の熱を下げたり、精神的に安定することができるので、手汗の量を少なくすることができます。

 

3 桂枝加黄耆湯(ケイシカオウギトウ)

桂枝加黄耆湯とは体の熱や腫れを抑え、体内に出る汗の量を調節して、皮膚をしっかりした状態にする効果のある漢方薬です。そのためこの薬を使用すれば手の汗の量を調節することができます。