手汗 種類

手汗の種類

手汗もそうですが、私たちが日頃かいている汗は3つの種類があります。

 

温熱性発汗

かんたんに言うと熱い時にかく汗のことです。
体温調節のために発汗して、上昇した体温を下げる働きがあります。

 

味覚性発汗

辛いものを食べたり飲んだ場合にかく汗のことです。
辛いと感じたときに発汗神経(エクリン腺)が刺激されることによって発汗します。
主に頬や鼻、口のまわりから発汗するのが特徴です。

 

精神的発汗

手汗がひどい場合はこの精神的発汗が主な原因です。
緊張や不安、ストレスなどが交感神経を刺激して活発となり汗が分泌されます。

 

汗そのものが不安の種になることも

「汗が出るんじゃないか」、「手汗がバレたらどうしよう・・」と、汗自体が不安の原因となって悪循環に陥っているケースが少なくありません。

 

精神的発汗の場合、他の2つとは原因が違い「心の不安」にあり、また、不安の深刻度も人それぞれ違うことから誰にでも効果のある改善方法は存在しません。

 

手汗が多い人はエクリン腺が他の人より多い場合も

 

緊張や不安などを感じていないのに手汗がひどいという方も少なくありません。
この場合は「エクリン腺の量」が原因です。

 

エクリン腺が通常より多い体質のため、常に手が湿っていたり、すぐに手汗が出てしまう状態になります。

 

エクリン腺から分泌される汗の量を抑えることが効果的です

 

エクリン腺は肌の表面に無数に広がっています。

 

このエクリン腺の周辺の肌を引き締めて、エクリン腺の出口部分をブロックする成分が注目されています。

 

  • (1)クロルヒドロキシアルミニウム
  • 肌を引きしめ、目に見える汗の量を抑えることが期待できます。

  • (2)酸化亜鉛
  • 酸化亜鉛には収れん作用があるため汗の元になるエクリン腺に作用し、汗そのものや匂いを抑えます。